30代の白髪対策その4~市販のヘアカラー剤で染める~

セルフカラーリング

白髪対策のその4として、「市販のヘアカラー剤で染める」ことのメリットデメリットを紹介します。

ドラッグストアで手軽に手に入るヘアカラー剤で染めた経験がある方の多いのでは?
白髪対策として市販のヘアカラー剤でのカラーリングのメリットデメリットを考えていきたいと思います。

メリット

  1. 手に入れやすい→薬局でもコンビニでもスーパーでも買える。
  2. 安い→1回あたり800円前後でお財布にやさしい。

デメリット

  1. ムラになりやすい→髪にワックス等がついていた、後頭部に塗り忘れがあった、頭皮の温度が高かった&低かった、様々な理由で色ムラがでやすい。
  2. 髪が痛む→髪のキューティクルが奪われるのが実感できるほど、髪が痛む
  3. 準備、片付けが大変→パッチテストも必要、また使い終わった液剤等の処分が大変。洋服やお風呂場が汚れないように配慮も必要。

市販のヘアカラーはとにかく髪が痛む!
1回使用しただけでも、髪のキューティクルが奪われたのが実感できるくらいです。2か月に1度カラーリングしてたら、髪がゴワゴワになりそうです。。。手軽に使える分、その代償は大きいかと思います。地肌にもダメージがあるので、薄毛の原因にもなりかねないです。絶対にオススメしません!!!

おすすめ白髪染めトリートメント!

美しい髪色と、いきいきとした髪質を!


 
マイナチュレ

 
ルプルプ
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 
キラリ


 

おすすめランキングの詳細はこちら!

関連記事

30代の白髪対策その1~白髪を切る、抜く~

白髪

30代の白髪対策その6~紫シャンプー~

ヘッドスパ

30代白髪対策その8~ヘッドスパ、オイルエッセンス~

美容院でカラーリング

30代の白髪対策その3~美容院で白髪用カラーリング~

カラーバター

30代の白髪対策その5~カラーバターを使う~

白髪染めトリートメント

30代の白髪対策その7~白髪染めトリートメント~