30代の白髪対策その7~白髪染めトリートメント~

白髪染めトリートメント

白髪対策のその7として、「白髪染めトリートメント」のメリットデメリットを紹介します。

トップページでも白髪染めトリートメントのメリットデメリットを紹介しておりますが、もっともっとお伝えしたい!!!お時間ありましたらお付き合いください。
それでは、白髪染めトリートメントのメリットデメリットを考えていきたいと思います。

メリット

  1. トリートメント効果がある→トリートメント効果が高く、白髪染めと同時に髪がツヤツヤで元気になる。
  2. 自宅で気軽に染められる→自宅で簡単に染められる。乾いた髪で使用してしっかり染めたり、濡れた髪で使用して色もちを良くしたりできる。
  3. 好きな時間に染められる→最短10分だからスキマ時間を利用して染められる。
  4. 待ち時間で他作業ができる→乾いた髪に塗布しシャワーキャップをしていれば服を汚す心配なし。その時間で趣味や家事を。
  5. 手、服についても落ちやすい→塗っているときに洗面台や手が汚れても、すぐに洗えば落ちやすい。でも、乾いた手や、素材によっては落ちにくいので要注意。
  6. 1回に価格がお手頃→髪の量やメーカーによって違いはあるが、1回あたりのお値段は数百円。しらとりは1回あたり200円程度。
  7. 白髪向けの色が豊富→白髪染めで人気の茶色や黒の色展開が豊富。赤っぽい茶色、黄色っぽい茶色、黒過ぎない黒など、より地毛に近いお色が見つかりやすい。

デメリット

  1. 週に1度は染める必要がある→初回は乾いた髪で2,3度しっかり染め、その後は週に1回は染める必要がある。
  2. 髪全体が完全に同じ色にならない→白髪染めトリートメントには脱色成分がはいっていないため、明るめの髪は染まるが、暗めの髪には色がはいらない。

デメリットが気にならない方には、断然おすすめ!!!
厳密には髪全体が同じ色に染まってないかもしれませんが、なるべく地毛に近い色で染められれば白髪は目立ちません。白髪の量にもよりますが、近くで注意深く見なければわからない程度です。また、髪染めトリートメントは、美容院でのカラーリングの間のつなぎとして使用するのもオススメです。美容院でのカラーリングの回数を減らしたい方も是非ご検討ください。

おすすめ白髪染めトリートメント!

美しい髪色と、いきいきとした髪質を!


 
マイナチュレ

 
ルプルプ
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 
キラリ


 

おすすめランキングの詳細はこちら!

関連記事

白髪

30代の白髪対策その6~紫シャンプー~

セルフカラーリング

30代の白髪対策その4~市販のヘアカラー剤で染める~

30代の白髪対策その1~白髪を切る、抜く~

カラーバター

30代の白髪対策その5~カラーバターを使う~

わかめ&サプリメント

30代の白髪対策その2~海藻類、サプリメントをとる~

ヘッドスパ

30代白髪対策その8~ヘッドスパ、オイルエッセンス~